assessment1-400x600

QSM3

上部頸椎テクニックとは

QSM3とは上部頸椎テクニックのひとつです。上部頸椎テクニックでは通常のカイロプラクティックで行う首や腰をひねって鳴らすような施術は行いません。上部頸椎がずれることで脳幹を圧迫し、全身の筋肉や生命機能を司る脳幹が圧迫されることで、頭痛、首の痛み、肩こり、腰痛といった痛みの症状から、不眠や鬱症状、消化不良、生理不順や不妊といった様々な不調を引き起こすと考えられます。QSM3は乳児でも安心して受けられるような軽い力で上部頸椎のずれを矯正し脳幹の圧迫をとることで、脳と脊椎神経が正常に機能することを助け、その結果あなたの体は本来もつ治癒能力を最大限に発揮できるようになります。

QSM3では施術前後にPosture IQという計測器を使い肩、腰の回旋と左右の体重差を計測します。上部頸椎を矯正することであなたの姿勢が良くなったことを施術直後に数値データで実感できる数少ないテクニックです。患者さんのなかには「先生、私最近だんだん左にずれてきているような気がしたのでパニック障害が起こる前にアジャストにきました」「Doctor, my sciatica is getting worse! I guess I'm 10lb off to the right today, because I was babysitting all day. (坐骨神経痛がひどいんだよ、今日は10ポンドくらい右にずれてるんじゃないかな)」といったように体のずれをご自身で察知できるようになる方もいます。

タイヤは使っていれば自然と摩耗します。ですがこまめに溝や空気圧をチェックし適正な状態で走行することができれば長持ちします。あなたの体も同じです。痛みや不調は体からのサインです。パンクしてしまう前にメンテナンスしましょう。

COREscore

当院が治療効果をモニターするために使用しているCOREscoreとはInsightMillenniumScan®と呼ばれNASAが開発したデバイスです。InsightMillenniumScan®は元々、宇宙飛行士の健康状態を評価するためにNASAによって開発されました。当院ではNASAテクノロジーを使って私たちの施術が神経系の状態をどのように変化させているかを客観的に数値データで収集、治療効果を可視化します。結果はプリントアウトしてお渡しします。英語での表記となりますが日本人のカイロプラクターが丁寧にご説明いたします。

Corescan

栄養相談(NRT)

NRTとはNeutrition Response Testingの略となります。日本語に翻訳すると栄養反応検査といったところでしょうか。NRTとはアメリカで開発された検査で、専門の資格を持ったドクターによって実施されます。あなたの体が物質(食品はもちろん、サプリメント、薬、さらには金属、化学物質といったアレルギーを引き起こす可能性のあるもの全般)に対してどのような反応を示すかを神経反射テストによって検査します。検査の結果、ある物質があなたの健康を害していると判断された場合、それを補うための食材またはサプリメントをご提案します。検査は、資格保持者のドクターによって実施される神経反射テストのほか、血液検査と尿検査があります。それらのすべての検査結果を元にアレルギー源や体調不良を引き起こす原因となる物質を判断します。

NRT-1

BEMER

BEMERとはFDA(Food and Drug Administrationの略で「アメリカ食品医薬品局」を指します)がクラスll認定をしたアメリカ初の消費者向け医療機器となります。現在、世界42か国で使用が可能となっておりますが日本ではまだ販売されていません。世界中のオリンピック選手団、NFL選手、プロゴルファーなどが試合の度にBEMERを持ち運び使用して優れた成果を残しています。BEMERは筋肉を刺激することで毛細血管の血流を改善し体の治癒能力を促進します。当院のスタッフも休み時間になると競うようにBEMERを使用しております。ミシガン州でBEMERを取り扱っているカイロプラクティックは当院のみとなります。

bemer