予防医学の重要性 

Dr. Mariko Kato DC / 加藤 真理子 DC

東京都出身。大学を卒業後、日本と中国のメーカーでエンジニアとして10 年ほど勤務、その後家族の転勤のため渡米。アイオワ州のPalmer College of Chiropractic卒業、米国国家資格取得、ジョージア州とミシガン州の州資格を取得、卒業後はジョージア州のカイロプラクティッククリニックに勤務、現在はミシガン州のLazar Spinal Careに勤務。

 

Dr.Kato_headshot

現在、日本人の平均寿命は世界一の水準です。しかし日常生活に制限のない期間を指す「健康寿命」と平均寿命の差は約10年あります。この差分の10年間は生活習慣病などにより健康でない状態で過ごしていることになります。20代、30代は多少のことは、体力と気力だけで乗り切ることができるかもしれません。ですが、40代を過ぎた頃から基礎代謝は急激に低下していきます。同時に身体のあちこちに不調が現れ始め、それが身体からの危険信号だと気づきようやく健康への対策を始める。この対策のスタートはもうすでに『治療』のことが多いです。しかし、もし、危険信号を感じる前に不調の『予防』ができていたら『治療』は必要なくなるかもしれません。現代医療が『治療』から『予防』に舵を切ることができたら、副作用のある薬の使用を減らせるかもしれない、手術の必要性を減らせるかもしれない、そして医療費も減らせるかもしれません。

 

カイロプラクティックはアメリカではプライマリーケアの国家医療資格として認められています。プライマリーケアとは、患者さんに不調があったとき一番最初にアクセスされ、問題の治療、または症状によっては専門医の紹介、さらには継続的に健康状態をサポートするサービスを提供するもの、と定義されています。当院ではカイロプラクティックのアジャストメントだけでなく、生活習慣や環境指導(正しい睡眠の姿勢、炎症を抑える食事の選び方、仕事のデスク周りの見直し、家事やスポーツの際の正しい身体の使い方、どこにいてもできる簡単なストレッチなど)も行います。正しい姿勢と生活習慣を手に入れることで、患者さんご自身で病気やケガのリスクを軽減できる身体を作れることを実感して頂きたいと思います。

 

当院は予約制となります。734-821-8635(日本語ライン)または drkato@lazarspinalcare.comにてご予約をお取りください。予約、診察、治療、ご相談、全てを日本人のカイロプラクターが日本語で対応致します